大阪を代表する彫刻家、地元で大規模展

2017.11.1 13:00
  • 第2章「空中で、もうだめになって、地上へ舞い戻ることもできないし、だからといって、もっと高く舞い上がることもできないでいる毎日の僕達なのだ」より
  • 第3章「僕の目に反射する光像はブラックだ」より
  • 「死ぬ 死ぬ 死ねるか」(部分)1999 作家蔵(東京画廊寄託)
  • 第4章「魚の水槽の水を変えるべきか、それとも彫刻を作るべきか」より
  • 第5章「中心のない彫刻、あるいは無図雲丹中心のある彫刻」より
  • 第6章「何一つ作らないでいられること、何も表現しないで作家として存在できること」より
  • 第2章「空中で、もうだめになって、地上へ舞い戻ることもできないし、だからといって、もっと高く舞い上がることもできないでいる毎日の僕達なのだ」より
  • 第3章「僕の目に反射する光像はブラックだ」より
  • 「死ぬ 死ぬ 死ねるか」(部分)1999 作家蔵(東京画廊寄託)
  • 第4章「魚の水槽の水を変えるべきか、それとも彫刻を作るべきか」より
  • 第5章「中心のない彫刻、あるいは無図雲丹中心のある彫刻」より
  • 第6章「何一つ作らないでいられること、何も表現しないで作家として存在できること」より
(写真6枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本