近松門左衛門の心中、新解釈で舞台化

2017.9.19 07:00
  • 監修・補綴の木ノ下裕一(左)と演出・作詞・音楽の糸井幸之介
  • 木ノ下が「人の孤独を描かせると、大変な力を出す作家」と評する糸井(右)
  • 「初演を再検証しながら、よりクオリティの高いものを目指そうと思う」と木ノ下
  • 監修・補綴の木ノ下裕一(左)と演出・作詞・音楽の糸井幸之介
  • 木ノ下が「人の孤独を描かせると、大変な力を出す作家」と評する糸井(右)
  • 「初演を再検証しながら、よりクオリティの高いものを目指そうと思う」と木ノ下
(写真3枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本