大相撲と日本刀、ゆかりの展覧会が大阪で

2017.7.14 07:00
  • 横綱。左より、第六十九代横綱・白鵬翔、第七十代横綱・日馬富士公平、第七十一代横綱・鶴竜力三郎が使用
  • 第四十八代横綱・大鵬幸喜の太刀。室町時代の備前長船師光、初代の作
  • 大阪大相撲之図 明治25年(1892) 大阪歴史博物館蔵 観客席の上部に「うつぼ(靭)」、「堂嶋浜」、「ざこば(雑喉場)」など市場があった土地の幟(のぼり)があり、当時の大阪相撲と市場の密接な関係がうかがえる
  • 横綱。左より、第六十九代横綱・白鵬翔、第七十代横綱・日馬富士公平、第七十一代横綱・鶴竜力三郎が使用
  • 第四十八代横綱・大鵬幸喜の太刀。室町時代の備前長船師光、初代の作
  • 大阪大相撲之図 明治25年(1892) 大阪歴史博物館蔵 観客席の上部に「うつぼ(靭)」、「堂嶋浜」、「ざこば(雑喉場)」など市場があった土地の幟(のぼり)があり、当時の大阪相撲と市場の密接な関係がうかがえる
(写真3枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本