小説家が書店社長に、縁もゆかりもない「本屋」を救った理由

2021.11.21 07:45
  • リニューアルオープン初日(11月1日)、社長として店頭に立つ作家の今村翔吾さん
  • リニューアルオープン初日(11月1日)、常連客のほか、書店の関係者や今村さんの作家仲間もお祝いに駆けつけていた
  • 常連客が次々と来店。スタッフと楽しげに話す姿も(2021年11月1日撮影)
  • 書棚から雑誌を手に取り、ゆっくりと過ごす人々(2021年11月1日撮影)
  • 祝福の花がずらりと並ぶ書店前。行き交う人々が興味津々で店に顔を覗かせていた
  • 2021年10月26日に発刊された最新刊『塞王の楯』(集英社)にサインする今村先生
  • リニューアルオープン初日(11月1日)、社長として店頭に立つ作家の今村翔吾さん
  • リニューアルオープン初日(11月1日)、常連客のほか、書店の関係者や今村さんの作家仲間もお祝いに駆けつけていた
  • 常連客が次々と来店。スタッフと楽しげに話す姿も(2021年11月1日撮影)
  • 書棚から雑誌を手に取り、ゆっくりと過ごす人々(2021年11月1日撮影)
  • 祝福の花がずらりと並ぶ書店前。行き交う人々が興味津々で店に顔を覗かせていた
  • 2021年10月26日に発刊された最新刊『塞王の楯』(集英社)にサインする今村先生
(写真6枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本