玉三郎「まさかシネマ歌舞伎になるとは」

2018.12.1 07:00
  • シネマ歌舞伎の最新作について語る坂東玉三郎。桃山時代から続く京都・樂家の茶室や、終演後の歌舞伎座の風景なども収録され、作品の世界観をより体感できる
  • 「舞台でも、最初の場を入れて見やすくしたことでシネマ歌舞伎として成立したのだと思います」と玉三郎
  • シネマ歌舞伎の最新作について語る坂東玉三郎。桃山時代から続く京都・樂家の茶室や、終演後の歌舞伎座の風景なども収録され、作品の世界観をより体感できる
  • 「舞台でも、最初の場を入れて見やすくしたことでシネマ歌舞伎として成立したのだと思います」と玉三郎
(写真2枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本