宮尾俊太郎、織田裕二に質問攻め

2017.4.9 10:00
  • 日本有数のバレエカンパニー「熊川哲也 Kバレエカンパニー」でトップダンサーの宮尾俊太郎
  • 「大阪のお客さんは、いい意味ではっきりしている。良いときは良い、ダメなときはダメという反応がはっきりしていて、外国っぽい」と宮尾
  • 織田裕二主演のドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』で、エリート刑事を好演した宮尾俊太郎。「熊川哲也 Kバレエカンパニー」のトップダンサーを務める彼が、バレエ公演『海賊』に出演する。
  • 様々なポーズに気さくに応じる宮尾
  • 本作は、「海賊という荒々しく、男らしい魅力がある。非常に入りやすい、バレエを見やすい作品かと思います」と宮尾
  • バレエ以外の活動をすることで「気持ちの流れがバレエの場合は切れてしまうような時がありますが、そういうのをもっとつなげていけるんじゃないかと・・・。演劇的な深みは増していく」と宮尾
  • 日本有数のバレエカンパニー「熊川哲也 Kバレエカンパニー」でトップダンサーの宮尾俊太郎
  • 「大阪のお客さんは、いい意味ではっきりしている。良いときは良い、ダメなときはダメという反応がはっきりしていて、外国っぽい」と宮尾
  • 織田裕二主演のドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』で、エリート刑事を好演した宮尾俊太郎。「熊川哲也 Kバレエカンパニー」のトップダンサーを務める彼が、バレエ公演『海賊』に出演する。
  • 様々なポーズに気さくに応じる宮尾
  • 本作は、「海賊という荒々しく、男らしい魅力がある。非常に入りやすい、バレエを見やすい作品かと思います」と宮尾
  • バレエ以外の活動をすることで「気持ちの流れがバレエの場合は切れてしまうような時がありますが、そういうのをもっとつなげていけるんじゃないかと・・・。演劇的な深みは増していく」と宮尾
(写真6枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本