黄金のおみくじ

2019.01.06
  • facebook
  • twitter
  • はてブ

我が家の初詣は三が日を外し、混雑をさけて行くようにしてます。
朝早くから家族で大阪天満宮に行きましたが、
屋台などの出店は三が日のみのようで
楽しみにしていた姉妹は、文句を言い放ってました。

 

そんななか、参拝した後のお楽しみにしていた
おみくじでビックリ!!

もう、10年以上はこちらの神社でおみくじを引いてるのに
黄金に輝くおみくじがあることは全く知りませんでした。
「わぁ──!!」
引き当てた歩ノ花(次女)より大きな声で叫んでしまい、
なぜかあわてふためいてました。

主人もかなりビックリしてました。
神社の方に聞いたら、1万人に1人が
この黄金のおみくじを引き当てることができるということです。

 

主人と私も大吉。真歩(長女)は末吉でした。
自分だけあまりよくないのでいじけてしまい、合計3回引きました。
2回目はまたまた末吉。
主人が「もう1回、引いておいで!」と言うと
「凶を引いたら嫌だからやめておく〜」と真歩。
でも、引きたい気持ちがつのり再度、おみくじを引きました。
すると、今度は吉にアップしてました。

 

本人は残念なのと、歩ノ花がうらやましいのとでがっかりでしたが、
「おみくじは運試しだから気にすることはないよ〜」と、なぐさめました。
この年頃は占いやおみくじなどを信じやすい時なんだろうなぁ〜
自分が少女だった頃もそんなだったよなぁ〜♪
真歩を見て思いました^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です