三上純子ブログ Mikamikan

自分が大好き!!

2020.7.27 13:55

カテゴリ:てつじさん

『さすが、てつじさんは芸能人です』今まで生きてきて、こんな自分のことを好きな人とは出会ったことがないです(^^;)「自分が誰よりも好き」笑顔で自信満々で言い切るてつじさん。最初は正直「うっとうしい」思ってました。『自分が1番大好き』長い間ブレないてつじさん。「すごいなぁー」いつしか思うようになりました。私も若い時はアレコレどーでもいいことで悩んでしまう時期がありました。姉妹には、自分の良いところを見つけて自分のことを好きになってほしいです。真歩(長女)は長所は受け入れず、短所ばかりを探し悩み、葛藤してる日々です。思春期だし、しかたないかぁー( ; ; )

てつじさん。自分が好きすぎて、デザイン会社に自画像を発注してました。これには、ほんとに家族でビックリしました(笑)やや、本人よりイケメンなとこがおもしろいです。真歩に、「てっちゃんとママが亡くなったら、この自画像はどうする?」「捨てるよ!」即答でした。その後、てっちゃんに申し訳ない気持ちもあったのか?!小さいサイズ1枚くらいは納戸に閉まっておくわ!!とってつけたように言ってました(笑)

  1. 花原 知賀子 より:

    ほんとにてっちゃんは、面白いですね。
    他に類をもない芸能人で大好きです。
    いつも素敵な家族に見守ってもらってるかんじ!

    • mikami より:

      知賀子さん、おはようございます!
      いつも主人の応援ありがとうございます(^^)
      私のブログまで見てくださって、コメントまでいただき感謝です!!

  2. ミホ より:

    初めてメールさせていただきます。
    今回は「自分大好きてつじさん」の巻。何かと「自己肯定感」の大切さが叫ばれている昨今、こんなポジティブ思考、素晴らしいじゃないですか!確かに、自画像のオンパレードは笑かしてくれますけど、明るくてタフな精神力は実に頼もしいですね。

    ところで、私は三上さんより少し年上の50 代。もう20年以上前、MORE時代から三上さんのファンです。当時ロングヘアのガーリーなモデルさんが多い中、少しボーイッシュな三上さんが、私にはとってもキュートでキラキラした存在で!あまりに憧れ過ぎて、ショートのクルクルヘアのMOREの切り抜きを持って、美容師さんにお願いしに行ったほど。でも「私の髪質ではムリ」と即行却下されてしまいました、、、(チャンチャン♪)。
    そんな三上さんが結婚を機に関西移住、しかも旦那様がてつじさんと言う事で、ますます親しみを感じて応援させていただいています。
    、、、今回は、思いきっての初メール。ちょっとドキドキです、まるで中学生みたいです。いや、今の中学生の方がもっと落ち着いてる気がします(笑)。とにかく、これからも宮田家の楽しい日常を朗らかな気分で読ませていただきます。ご一家も美味しいもん沢山食べて、あいみょんちゃんもたくさん聴いて、少しでも快適にこの暑さを乗り越えてくださいね!

    • mikami より:

      ミホさん、こんにちは!!
      MOREでモデルをさせていただいていたのも20年以上前ですね…。私のことも覚えていてくれて、ほんとにありがたい限りです。実は私は直毛でパーマに憧れてあの髪型になったんです。当時、カリスマ美容師だったビュートリアムの川畑さんが担当で私の髪型を「星の王子さまヘア」と名付けてました★
      ミホさんに初コメントをいただき、めちゃめちゃ元気でました(^^) あまり更新しないブログで申し訳ないですが、これからも、お付き合いいただけたら嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • LINE

三上純子(みかみ・じゅんこ) 1975年生まれ、東京都出身のモデル。雑誌の「大阪特集」でシャンプーハットと共演。それがきっかけで、てつじと結婚し、大阪・日本橋で新婚生活をスタートさせる。2013年より家族との日々をつづったブログを連載中。大阪生活は16年目に突入。

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

三上純子(みかみ・じゅんこ) 1975年生まれ、東京都出身のモデル。雑誌の「大阪特集」でシャンプーハットと共演。それがきっかけで、てつじと結婚し、大阪・日本橋で新婚生活をスタートさせる。2013年より家族との日々をつづったブログを連載中。大阪生活は16年目に突入。

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本