SAVVY Editor’s Note

きょうの豆皿 #5

2020.5.30 16:53

カテゴリ:きょうの豆皿

生活の彩りに、うつわをプラス。
食器としてだけじゃなく、アクセサリーや小物を入れたり。
花を浮かべたり、
コロンとテーブルに置いてオブジェとしても。
豆皿なら、気軽に手軽に。

大阪・本町のうつわ屋[Meetdish]の
磯部幸太郎さんに、使い方の提案も含めて
紹介してもらいますよ


#5 iroha/西田由果

またまた豆皿のタイトルを裏切る、
豆皿サイズのボウルです。

ちょっとお値段がするので、
プレゼントとしていいと思います。

ガラスの加工は大変なので、
どうしても値段に反映されてきます。

透明のガラスだけだとまだ扱いやすいですが
色付きのガラスが入ると、俄然難しくなります。
収縮率が変わるので、割れやすくなるんですね。

溶けたガラスは、コントロールが難しいですが
その分できる楽しみがあります。

ちょっと話がズレますが、
ガラス作家は女性が多いのも、
イマドキの特徴ですね。


作家名:西田由果
器の名前:iroha
サイズ:直径 約7.8cm 高さ 約5cm
価格:6,600円(税込み)


Meetdish
HPはこちら

写真/磯部幸太郎

お気に入り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • LINE

SAVVY編集室 関西のかわいい! おいしい! を追いかけるマガジン。スイーツ、ランチ、お買い物、そしてたまに贅沢な晩ごはんも。京阪神を西へ東へ(ときおり遠くへ旅にも出ます!)、編集部が探して見つけてきた楽しいコトを、ギュッと詰めてお届けします。そんな編集部の、オモテガワからウラガワまでをチラっとお見せします。SAVVYは、毎月23日発売です。

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

SAVVY編集室 関西のかわいい! おいしい! を追いかけるマガジン。スイーツ、ランチ、お買い物、そしてたまに贅沢な晩ごはんも。京阪神を西へ東へ(ときおり遠くへ旅にも出ます!)、編集部が探して見つけてきた楽しいコトを、ギュッと詰めてお届けします。そんな編集部の、オモテガワからウラガワまでをチラっとお見せします。SAVVYは、毎月23日発売です。

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本