「ハロー文楽」編集部

文楽をもっと気軽に学ぶ!

こちらは京阪神エルマガジン社で立ち上がった、
文楽の初心者向けフリーペーパー「ハロー!文楽」編集部。
新米の文ちゃんが、たろう先輩やキツネのゲンちゃんとともに、
取材を通じてどんどんと文楽通に。
はたして、どんな誌面が完成するのか。
2018年度分は第5回に、2019年度分は第9回で紹介予定です。

FUMI CHAN文ちゃん

「文楽って難しそう」という先入観を克服するため編集部に自ら志願した20代。でも、完璧なる初心者…。

  • 01文楽を観劇する前に
    ちょっと知っておきたいこと

    関西の人にとっては、身近な存在である伝統芸能・文楽。日本橋の「国立文楽劇場」で鑑賞する前に知っておきたい超基礎知識。

  • 02初めての文楽観劇へ

    舞台ってどんな仕組みになっているの? 三業一体とはなんのこと? 寝てもOKぐらいの気軽な気持ちで、気軽に文楽観劇へ。

  • 03三業一体をもっと学ぶ、
    ウラ話もちょこっと紹介

    太夫の竹本織太夫さん、三味線の鶴澤清尰さん、人形遣いの吉田玉助さんに、疑問に答えていただきました。驚くようなトークも!

  • 04文楽を支える女性たち、
    その魅力とは?

    舞台では男のみの世界ですが、その裏側では女性も大活躍。「関西舞台」の方々に、どんなお仕事をしているのかお伺いしました。

  • 05文楽を満喫できるのは
    関西人の特権!?

    関西人なら、文楽の面白さは2割増し? 日本のシェイクスピアと言われる近松門左衛門の名作を紹介。2018年の完成版はこちらでチェック!

  • 06イヤホンガイドの
    名物解説員に聞く、その裏側

    聞いているだけで、いろんな知識が学べるイヤホンガイド。文楽マニアの高木秀樹さんに、魅力や工夫を教えてもらいました。

  • 07文楽ゆかりの地はあちこちに、
    実際に訪れてみる!

    大阪発祥の文楽とあって、ご存じのエリアが物語にも登場します。ちょっと文楽の世界に思いを馳せながら、大阪観光へ。

  • 08人形を美しく見せる、
    衣裳部さんへ

    生活環境やキャラクターを表現してくれる、小さな着物。これらを担当する文楽劇場の衣裳部さんを取材してきました。

  • 09文楽の世界に入る
    きっかけを教えて

    技芸員のお三方に、文楽の世界に入るきっかけをインタビュー! 思わぬエピソードも飛び出して、驚きの連続でした。

※内容は企画段階のものですので、一部変更になる可能性があります。
取材・文/福山嵩朗 山口紀子 写真/バンリ 竹田俊吾 イラスト/スケラッコ