るいの恋心に視聴者注目「宇宙人と三角関係に?」【カムカム】

2021.12.27 19:45

「竹村クリーニング店」で片桐を見送り、笑みを浮かべるるい(深津絵里)(C)NHK

(写真5枚)

朝ドラ史上初、3人のヒロインが交代で登場する連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。12月27日に放送された第41回では、るいがクリーニング店の客・片桐と出会う。

竹村平助(村田雄浩)と和子(濱田マリ)が営む「竹村クリーニング店」で働きはじめたヒロイン・るい(深津絵里)。ひそかに「宇宙人」とあだ名を付けている謎の人物(オダギリジョー)をはじめ、さまざまな客と接するようになる。

第41回では、店番をしていたるいが田中(徳井優)という客から「服に穴が空いていた」と因縁を付けられてしまうも、服を取りに来た別客の片桐(風間俊介)が毅然とした態度で田中を追いかえし、るいのなかに恋心が芽生えるのだった。

るいと片桐の出会いにSNSでは、「るいちゃん、初恋は片桐さんか~」「弁護士の卵の片桐さん・・・これはるいちゃん惚れてまうわ」などの声が上がる一方、「宇宙人」こと謎の客のインパクトも強いようで、「それにしても宇宙人が気になる」「片桐さんと宇宙人の三角関係に?」といった意見も。

しかし、るいが読んでいた本がオー・ヘンリーの『善女のパン』(パン屋の女性の勝手な思い込みでサービスしたパンのせいで、想いを寄せる男性に激怒されてしまう)だったことから、SNSでは「あらすじ読んだら悪い予感が・・・」「藤本脚本で、現実にある作品が無意味に使われることなんて、きっと無い」と不安の声があがっている。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。28日放送の第42回では、るいが生まれて初めてのデートに行く。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本