カムカムエヴリバディ第41回・るい、突然のクレームに戸惑う

2021.12.25 08:15

店番をしている「竹村クリーニング店」である客を見るるい(深津絵里)(C)NHK

(写真4枚)

ラジオ英語講座を軸に3世代にわたる女性の人生を描く、連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。「1962」と第する第9週(12月27日・28日放送)では、大阪での生活を始めたるいが個性豊かな人々に出会っていく。

生まれ育った岡山を離れて大阪に出てきたヒロイン・るい(深津絵里)が、クリーニング店を営む平助(村田雄浩)と和子(濱田マリ)の夫妻に出会った前週。第41回(12月27日放送)では、クリーニング店に住み込みで働くことになったるいが、だんだんと新しい仕事に慣れていく。

クリーニング店での仕事が性に合っておりテキパキ働くるいだが、時々店にやってくる少し変わった客(オダギリジョー)の正体はいまだ掴めずにいた。ある日、るいが1人で店番をしていると強面の男性客がやってくる。その男はあるクレームをつけてきて・・・。

本作は、朝ドラ史上初となる3人のヒロインが昭和から令和にかけての100年を紡いでいく家族の物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。年内の放送は12月28日までとなり、年明けは2022年1月3日から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本