勇が目にした光景に、SNS「そりゃ荒れるわ」の声【カムカム】

2021.12.20 20:15

安子(上白石萌音)に花を贈るロバート(村雨辰剛)(C)NHK

(写真4枚)

昭和から令和、3つの時代を生き抜くヒロインたちを描いた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。12月20日放送の第36回では、安子とロバートが親しくしている様子を勇が目の当たりにする。

勇(村上虹郎)に結婚を申し込まれたが、返事をできずにいたヒロイン・安子(上白石萌音)。そんなある日、安子はロバート(村雨辰剛)から「あなたは素晴らしい女性だ」と花を贈られるところを勇に見られてしまう。

動揺を隠せない安子は、実家の「たちばな」を再建する目途が立ったこともあり、雉真家を出ようとする。しかし千吉(段田安則)は、家を離れるのなら娘のるいを置いていくよう安子に告げるのだった。

安子とロバートの関係性を知った勇が酒場で酒をあおる展開に、SNSでは「安子、多分ロバートさんにお花を手渡されるまで、自分の恋心に無自覚だったと思うんですよね」「勇ちゃん、安子ちゃんの揺れ動く気持ちに気づいちゃったよね」「そりゃ荒れてまうわ・・・」といった意見が見られた。

また、安子とロバートの様子を見た幼なじみのきぬ(小野花梨)が一瞬で安子の気持ちを見抜き、「自分がどねえしてえんか、はっきりさせんといけんよ」とアドバイスしたシーンでは、「さすがきぬちゃん」「察しのきぬちゃんは健在でしたね」などの声が上がり、ツイッターのトレンドに「きぬちゃん」が浮上した。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。21日放送の第37回では、安子に兄・算太(濱田岳)が失踪したとの知らせが入る。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本