カムカムエヴリバディ第37回・算太の失踪に動揺する安子

2021.12.20 08:15

いなくなった算太を探す安子(上白石萌音)(C)NHK

(写真5枚)

ラジオ英語講座を軸に3世代にわたる女性の人生を描く、連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。第37回(12月21日放送)では、安子にさらなる決断のときが訪れる。

雉真家を出る決意を固めたヒロイン・安子(上白石萌音)は、その決心を千吉(段田安則)に伝える。千吉は安子が家を出ることは受け入れたものの、安子が娘・るい(古川凛)を連れていくことを許しはしなかった。

るいの額の傷にかかる莫大な治療費も含め、「雉真の子として育てられるのが、るいにとって1番の幸せだ」という千吉の言葉に反論できなかった安子。そんな安子のもとに、今度は兄・算太(濱田岳)が失踪したと知らせが入り・・・。

本作は、朝ドラ史上初となる3人のヒロインが昭和から令和にかけての100年を紡いでいく家族の物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本