稔の姿も…安子の幸せな空想に、SNS「切ない」【カムカム】

2021.12.2 20:15

るいを見て微笑む安子(上白石萌音)(C)NHK

(写真4枚)

朝ドラでは異例となる3人のヒロインが時代を生き抜く姿を描いていく連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。12月2日放送の第24回では、安子とるいが大阪で穏やかに生活する場面が放送され、ツイッターで「るいちゃん」がトレンド入りした。

終戦から数年が経ち、慎ましくも穏やかな生活を送るヒロイン・安子(上白石萌音)と娘のるい。節約して買ったラジオから流れる「カムカム英語」は、2人にとってささやかな楽しみとなっていた。

以前よりも手に入りやすくなった小豆や砂糖を使い、おはぎやおまんじゅうを作っていたところ、住吉の商店からおはぎの注文依頼が舞い込む。第24回のラストシーンでは、亡き夫・稔(松村北斗)のことを想いながら暮らす安子のもとに、稔の父・千吉(段田安則)が現れるのだった。

カムカム英語のテキストを通し、稔がいる平和な日常に想いを馳せる安子に、SNSでは「手に入ることのできなかった家庭・・・」「夢のような想像が切ない」「夢から現実に戻って、母娘仲良くカムカムを歌う背中にまた涙ドバァ」などの声が寄せられた。

また千吉の訪問に、「あの表情はいい話ではない・・・のでは・・・」「千吉さんがるいを連れ戻すとかいいだしたら体当たりで阻止する」など不安を覚える声も。12月3日の第25回では、千吉が安子を訪ねてきた理由が明かされる。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本