るいが初めて喋った! SNS祝福「タイトル回収」【カムカム】

2021.12.1 19:45

市場にて芋飴を売り歩く安子(上白石萌音)(C)NHK

(写真4枚)

3人のヒロインたちがそれぞれの時代を生き抜く姿を描いた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。12月1日放送の第23回では、安子がラジオをきっかけにとある人物と出会う姿が描かれた。

作った芋飴を売り歩くかたわら、民家から流れてくるラジオの『英語会話』に聞き入っていたヒロイン・安子(上白石萌音)。その様子を不審に思った住人・小川澄子(紺野まひる)に声をかけられるが、働きづめがたたった安子は倒れてしまい、小川家で介抱してもらう。

安子がラジオを聞いていた理由を吐露すると、「毎日来たらええ」と温かい言葉をかける澄子。さらに、澄子が紹介した繕い物の仕事をきっかけに安子の芋飴も評判となり、売り歩かずとも注文だけで生計が成り立つように。そんなある日、安子は娘のるいが初めて喋る瞬間を目にするのだった。

苦しい展開が続いただけに、「久々の、人のやさしさだ!」「この世の中は『捨てる神あれば拾う神あり』なんだなぁ」「机が涙でダバダバになった」など、SNSでは安堵する人の投稿が多数寄せられ、放送後の情報番組『あさイチ』の朝ドラ受けでは司会の博多大吉が、 「こんな心穏やかな8時15分は久しぶりです」と口にする一幕も。

また、るいが初めて口にした言葉が「カムカムエヴリバディ」だったことから「タイトル回収回」との声も上がり、ツイッターのトレンドには「るいちゃん」「#カムカムエヴリバディ」が浮上した。

12月2日放送の第24回では、安子とるいのつつましくも温かい暮らしが描かれる。 『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本