カムカムエヴリバディ第29回・安子、クリスマスに思わぬ再会

2021.12.8 08:15

戸惑った表情でロバートを見つめる安子(上白石萌音)(C)NHK

(写真5枚)

ラジオ英語講座を軸に3世代にわたる女性の人生を描く、連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。第29回(12月9日放送)では、安子がクリスマスにある人物と再会する。

1948年(昭和23年)12月25日、街にはサンタクロースの格好をした進駐軍の米兵たちがお菓子を配り、子どもたちや親子連れを楽しませていた。

街のにぎわいを端目に、この日もおはぎの行商をおこなうヒロイン・安子(上白石萌音)。しかし、クリスマスの盛り上がりの前に当然売れ行きは上がらない。

おはぎが売れず途方に暮れる安子だったが、そんな時に目の前にある人物が現れる。それは先日安子が助けた米軍将校のロバート(村雨辰剛)で・・・。

本作は、朝ドラ史上初となる3人のヒロインが昭和から令和にかけての100年を紡いでいく家族の物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本