安子が悲痛の叫び、視聴者も衝撃「すごい演出…」【カムカム】

2021.11.26 19:45

雉真家を訪れた人物に気付く安子(上白石萌音)(C)NHK

(写真5枚)

朝ドラ史上初となる3世代のヒロインたちが時代を生き抜く姿を描いた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。11月26日放送の第20回では、勇の帰還や稔の死など激しい展開が続き、ツイッターのトレンドに「#カムカムエヴリバディ」が入るなど注目を集めた。

安子の父・金太(甲本雅裕)が菓子作りを再開させた矢先、突然の死を迎えた第19回。第20回で安子(上白石萌音)は、おはぎ売りを託された男の子の言葉により、父が安らかな気持ちのまま逝ったことを知る。

そんななか、ラジオの『基礎英語講座』が4年ぶりに再開。安子は「英単語を覚えるごとに夫の稔(松村北斗)が帰ってくる日が近づく」という気持ちを込めて英語の勉強を始めるが、ある日、稔の訃報が届く。安子は呆然としたまま、思い出の神社に向かい、「意地悪せんで、帰ってきて稔さん」と泣き崩れるのだった。

金太の死が衝撃を与えた第19回に続く辛い展開に、SNSでは「稔さんロスなんて言葉じゃ表せないくらい辛い」「(安子演じる)上白石さんの気持ちと身体の回線が切れてしまったような走り方、とても印象的だった」「同じ場所での『意地悪せんで』がこんなに意味が違ってくるなんてな・・・」などの声が続々。

また、稔の死を知り、安子の世界から色や音が消えていくシーンでは、「この表現方法すばらしい」「すごい演出」と称賛の声が上がった。『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本