カムカムエヴリバディ第17回・岡山で安子たちが空襲を受ける

2021.11.22 08:15

焼け野原のなかで家族を探す安子(上白石萌音)(C)NHK

(写真5枚)

ラジオ英語講座を軸に3世代にわたる女性の人生を描く、連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。第17回(11月23日放送)では、安子の暮らす岡山で空襲が始まる。

1945年(昭和20年)、ヒロイン・安子(上白石萌音)は赤子のるいを連れて実家の橘家に帰っていた。安子は祖母・ひさ(鷲尾真知子)や母・小しず(西田尚美)、父・金太(甲本雅裕)たちと思い出話に花を咲かせ、あたたかな時間を過ごすのだった。

しかしその頃、日本の戦況は悪化の一途をたどっており、Bー29による爆撃は東京や大阪の市街地を次々と襲っていた。そして、とうとう岡山でも空襲が始まり・・・。

本作は、朝ドラ史上初となる3人のヒロインが昭和から令和にかけての100年を紡いでいく家族の物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本