YOU演じる稔の母、「ラスボス感ハンパない」の声【カムカム】

2021.11.15 20:15

息子・稔にあることを伝える千吉。左から、美都里(YOU)、千吉(段田安則)、稔(松村北斗)(C)NHK

(写真4枚)

朝ドラ史上初となる3人のヒロインの100年にもわたる物語を描く連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。11月15日放送の第11回では、稔が家業のため見合いを勧められ、ツイッターでは「政略結婚」がトレンド入りするなど話題を呼んだ。

岡山に帰省した稔(松村北斗)が、軍服や国民服の需要が高まり、雉真繊維工場の拡充をはかっていることを聞かされた第11回。その資金を調達するため、稔は父から大東亜銀行の頭取の娘と見合いを勧められるが、「僕には心に決めた人がいます」と断り、相手が安子(上白石萌音)であることを明かす。

その後、稔からの連絡を心待ちにする安子の元に、雉真家からおはぎの注文が入る。安子は稔の注文ではないかと心を躍らせながら向かうが、そこには稔の母・美都里(YOU)が待ち受けていたのだった。

厳格な父を前に緊張する様子を見せながらも「結婚することはできません」とはっきり断る稔に、SNSでは「男前だ・・・かっこいい」「安子父に挨拶したときぐらい緊張してる稔さん、好き」など称賛の声が集まる一方で、安子の前に現れた美都里に、「最後のYOUお母さま、怖すぎる」「安子ちゃんどうなるの」「YOUのラスボス感がハンパない」と不穏なものを感じる人が相次ぎ、『あさイチ』の朝ドラ受けでもMCの博多大吉が「嫌な予感しかしない・・・」とコメントしていた。

16日放送の第12回では、 両親に対して稔が激しい怒りを露わにする。『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本