カムカムエヴリバディ第10回・最後の甲子園出場に懸ける勇

2021.11.11 08:15

グラウンドで監督からある話を聞く勇(村上虹郎)たち野球部員(C)NHK

(写真5枚)

ラジオ英語講座を軸に3世代にわたる女性の人生を描く、連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。第10回(11月12日放送)では、安子たちの日常が戦争によって一変していく。

ヒロイン・安子(上白石萌音)と兄・稔(松村北斗)の関係を知りつつも、安子への恋心を諦めることはできない勇(村上虹郎)。勇は複雑な思いを抱きながらも、最後の甲子園出場を目指してひたすらに練習に励んでいた。

しかし日中戦争の激化で世の中は一変していき、若い男性には召令状が届きはじめ、ラジオからは各国の戦況を伝える臨時ニュースが連日流れるようになる。そしてそれは勇にとって最後の夏にも影響が及び・・・。

本作は、朝ドラ史上初となる3人のヒロインが昭和から令和にかけての100年を紡いでいく家族の物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本