カムカムエヴリバディ第8回・縁談に戸惑う安子、家を飛び出す

2021.11.9 08:15

手紙に書いてある住所を探す安子(上白石萌音)(C)NHK

(写真5枚)

ラジオ英語講座を軸に3世代にわたる女性の人生を描く、連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。第8回(11月10日放送)では、ヒロイン・安子に縁談が持ち上がる。

日中戦争の影響で砂糖が配給制になり、安子(上白石萌音)の家業である和菓子屋「たちばな」の菓子作りも打撃を受けていた。

そして安子は家業を継いでくれる婿を迎えるため、父・金太(甲本雅裕)から砂糖会社の息子との見合い話が持ちかけられる。突然の話に安子は戸惑いを隠せず、動揺してしまう。

家族の幸せを願う気持ちと、思いを寄せる稔(松村北斗)への恋心との間で大きく揺らぐ安子。そして翌朝、安子は置き手紙を残し、小さなかばんひとつで始発の汽車に乗り込み・・・。

本作は、朝ドラ史上初となる3人のヒロインが昭和から令和にかけての100年を紡いでいく家族の物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本