菅波が百音の実家へ!気になる展開に朝ドラ受け求む声【モネ】

2021.10.25 18:45

不安げに百音を見つめる菅波(坂口健太郎)(C)NHK

(写真2枚)

宮城県の離島で育ったヒロインが、気象予報士として成長する姿を描いた連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。10月25日に放送された第116回では、百音と菅波の会話に注目が集まり、ツイッターのトレンドには「菅波先生」が浮上した。

百音(清原果耶)の実家を訪れるため、気仙沼にやってきた菅波(坂口健太郎)。しかし菅波は、自分たちの関係を父・耕治(内野聖陽)や母・亜哉子(鈴木京香)が認めてくれるか、不安な様子だった。

そんな菅波に、百音は以前「一緒にいるということは、一緒に2人の未来を考えることじゃないか」と話したことを振りかえり、「私たちを説明するとしたらそれで十分なんじゃないかなって」と語る。さらに「何かあったら先生と2人で考えて、答えを出す。私はそういうのがいい。そういう先生だからいい」と続ける百音に、菅波は永浦家に向かう決意を固めたのだった。

2人の信頼関係が伝わるシーンに、SNSでは「大きな愛を見せつけられました」「百音の最大限の愛の告白だ」「もう本当に早く入籍してください」などの投稿が多く寄せられた。

食卓を囲む4人。左から龍己(藤竜也)、菅波(坂口健太郎)、百音(清原果耶)、亜哉子(鈴木京香)(C)NHK

また、父・耕治が外出(じーちゃん曰く「逃げたんだろ」)していて菅波と会えていない、など続きが気になる展開にも関わらず、情報番組『あさイチ』が休止中のため、「朝ドラ受けが見たかった!」「朝ドラ受けでわちゃわちゃしたかった」などの声が相次ぎ、「朝ドラ受け」もトレンド入り。MCの博多華丸は自身のツイッターにて、「りょーちんとみーちゃんの人目もはばからない抱擁 菅波先生のご挨拶 静かに見守ってます。 静観放送です。。」とコメントしている。

『おかえりモネ』放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からで、放送は10月30日までの予定。11月1日からはラジオ英語講座を軸に三世代にわたる女性の人生を描く『カムカムエヴリバディ』がスタートする。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本