おかえりモネ第117回・泥酔した耕治が帰宅する

2021.10.25 08:15

食卓を囲む4人。左から龍己(藤竜也)、菅波(坂口健太郎)、百音(清原果耶)、亜哉子(鈴木京香)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第117回(10月26日放送)では、菅波が百音の実家を訪れる。

将来に向けた挨拶のため、恋人の菅波(坂口健太郎)を連れて帰宅したヒロイン・百音(清原果耶)。なぜか出かけてしまっている父・耕治(内野聖陽)の帰りを待つ間、百音は菅波に妹・未知(蒔田彩珠)の研究スペースを案内する。

そのまま2人が仕事について語り合っていると、そこへ泥酔した耕治が帰宅。百音と菅波に「将来を誓い合う2人がする会話か」と言いながらも、耕治もその話題に入っていく。

そして、改めて菅波は自分たちの将来について百音の両親に伝える。菅波の話を聞き、耕治と亜哉子(鈴木京香)は・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。最終回は10月29日、宮城県出身のサンドウィッチマンがその週を振りかえる土曜日放送は10月30日まで。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本