おかえりモネ第102回・亮と飲んでいて…様子がおかしい未知

2021.10.4 08:15

未知を心配そうに見つめる百音(清原果耶)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第102回(10月5日放送)では、百音が未知の様子がおかしいことに気付く。

ある朝、ヒロイン・百音(清原果耶)が働くコミュニティFMのラジオブースの前を地元の女子中学生・あかり(伊東蒼)が通りかかる。彼女のことが気になった百音は声をかけるが、あかりは警戒心が強くなかなか自分のことを話そうとはしない。

その夜、百音は出掛けていた妹の未知(蒔田彩珠)を迎えにいく。幼なじみの亮(永瀬廉)と飲んでいた未知だったが、百音は未知の様子がおかしいことに気付き・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。最終章では舞台を東京から気仙沼に移し、地域に根ざした気象の仕事を模索していく。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。放送は2021年10月30日までの予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本