おかえりモネ第100回・強風予測した百音、祭りの開催に進言

2021.9.30 08:15

気象情報を確認する百音(清原果耶)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第100回(10月1日放送)では、地元商店街の人々が百音を訪ねてくる。

ヒロイン・百音(清原果耶)が担当するコミニュティFMブースへ、居酒屋を営む高橋(山口紗弥加)をはじめとする地元商店街の店主らや子どもたちが、「週末開催されるお祭りを告知したい」と訪ねてくる。

ブースは大盛り上がりで放送を終えるが、その後に百音の予測でお祭り当日は強い風が吹くと判明。百音は商店街の店主たちに「お祭りは中止した方がいい」と訴えるが・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。今週から舞台を東京から気仙沼に移し、地域に根ざした気象の仕事を模索していく。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。放送は2021年10月30日までの予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本