坂口健太郎、SNSの菅波タグに驚き「ここまで大きくなるとは」

2021.9.24 20:30

百音に背中を押す言葉をかける菅波(坂口健太郎)(C)NHK

(写真2枚)

NHK朝ドラ『おかえりモネ』で菅波光太朗役を演じる坂口健太郎が24日、同局の情報番組『あさイチ』の「プレミアムトーク」に出演。SNSでの「菅波」人気について語った。

番組の冒頭では、鈴木奈穂子アナウンサーが坂口の演じる若手医師・菅波の人気が高いことを触れ、特にツイッターでの反響は絶大で、「#俺たちの菅波」をはじめとし「ドヤ波」「デレ波」「休菅日(菅波が登場しない回)」など、さまざまなバリエーションのハッシュタグが生まれていることを紹介。

MCの博多大吉が坂口に、「ご自身はもちろん(タグの存在を)ご存知でしたか?」と質問すると、「知っていました」と回答。なかには「菅波砲」「ポヤ波」など本人でさえ正しい意味を把握しきれていないタグもあり、「こんなに種類があるとは(笑)」と驚いた様子を見せた。

さらに、自身のツイッターアカウントで同番組の出演告知をおこなった際、「#俺たちの菅波」タグを使用したことにも言及。「すごく迷って・・・。ちょっと恥ずかしい気持ちもあるじゃないですか」と、葛藤しつつもタグを使ったことを打ち明けた。

また「今日も菅波がマジで菅波してる」という投稿や、菅波が出演していない回でも「一方その頃菅波は」と想像を膨らませる投稿を見かけたエピソードも。坂口は、当初の予想を超えて支持を集めていることに対し、「すごいのが生まれたなって。ここまで大きくなるとは思ってなかった」「いろんな菅波がいました。視聴者のなかに」と笑顔で語った。

放送直後のツイッターでは、番組名の「#あさイチ」「菅波先生」、話題にも上がった「#俺たちの菅波」といったワードがトレンド入り。「本人も検索してるんだ」「俺たちの菅波タグが周知されていたww」「こうやって坂口さんも楽しんでくださってたんやなと思うとなんかうれしくなった~」など、ドラマ本編に続いて話題を呼んだ。

『おかえりモネ』は、宮城県で生まれ育ったヒロイン・永浦百音(清原果耶)が気象予報士として奮闘する姿を描いたドラマ。NHK総合で朝8時~、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半~で放送中。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本