おかえりモネ第95回・心響く演奏に、百音と菅波が出した答え

2021.9.23 08:15

宮田に拍手を送る百音(清原果耶)と菅波(坂口健太郎)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第95回(9月24日放送)では、決意を固めた百音が周囲に自分の意思を伝える。

東京に戻ったヒロイン・百音(清原果耶)が恋人の菅波(坂口健太郎)に紹介されたのは、菅波が以前初めて受けもった患者で元ホルン奏者の宮田(石井正則)だった。菅波に頼まれた宮田は百音たちの前でホルンの演奏を披露する。

数日後、百音はJテレビ局での仕事について、気象班デスクの高村(高岡早紀)に自分の意思を伝える。そして、新規事業審査会の社内プレゼンにて、地域密着型の気象予報士を活用する企画を発表し・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。放送は2021年10月30日までの予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本