菅波節全開プロポーズ「笑っちゃった」SNS盛り上がる【モネ】

2021.9.20 13:00

久しぶりに再会した百音(清原果耶)と菅波(坂口健太郎)(C)NHK

(写真3枚)

宮城県気仙沼市で生まれたヒロイン・百音が、気象予報士として成長する姿を描いた連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。9月20日に放送された第91回では、菅波の求婚に「「あんなプロポーズされたかった」「最高です」「月曜日からプロポーズ!!」など祝福の声があふれた。

百音(清原果耶)の24才の誕生日を翌日に控えた日の夕方、菅波(坂口健太郎)が百音の下宿先「汐見湯」を訪れた第91回。菅波は「永浦百音さん。僕はあなたが抱えてきた痛みを想像することで、自分が見えてる世界が2倍になった」「僕はあなたといると、自分がいいほうに変わっていけると思える。たぶんこれからも。だから・・・」と、柔らかな表情で百音に話し始める。

しかし「・・・違う」と険しい表情になり、菅波は「理屈ではそうだ、でも理屈じゃない」「何なんだろう?」と自問自答を始める。そして「顔を見ればうれしいし、声を聞けばホッとする。離れるときはもう少しこの時間が続けばいいのにと思う」「これだ」「この、感情がすべてだ!」と答えにたどり着き、「一緒にいたい。この先の未来、一分一秒でも長く」「結婚したいと思ってる」と、プロポーズした。

菅波らしさが炸裂した一連の流れにSNSは大盛り上がり。「もう笑ったらいいのかキュンとしたらいいのか」「良いシーンなのに笑っちゃっておなかいたいw」「理詰めだったあの菅波先生が『理屈じゃない』なんて!」「プロポーズの瞬間まで最高に #俺たちの菅波だった」などの投稿が相次ぎ、ツイッターのトレンドには「菅波先生」「プロポーズ」「#俺たちの菅波」といった言葉が浮上した。

また、放送日が祝日で「あさイチ」が放送されなかったことから「こんな大切な日に朝ドラ受けがないなんて!」と嘆く声が多く「朝ドラ受け」もトレンド入りした。 『おかえりモネ』放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本