百音の上京から3年半…放送後「情報量すごい」の声多数【モネ】

2021.9.13 18:45

代表選考レースのデータを確認する23歳の百音(清原果耶)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼市で生まれ育ったヒロイン・百音が、気象予報士を目指して成長していく連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。9月13日に放送された第86回では、百音が上京してから3年半が経ち(前週から2年半)、登場人物や環境の変化に「すごい情報量」「もう令和に突入か」と、驚きの声が寄せられている。

前週から時は流れ、百音が24歳を迎えようとする2019年に。莉子(今田美桜)や内田(清水尋也)とともに気象面でサポートをおこなっていた車いすアスリートの鮫島(菅原小春)が、ついにパラリンピックの代表に選ばれた。

祝賀会をおこなうため、百音の下宿先「汐見湯」にいつもの面々が集まった第86回。そんななか、百音の幼なじみ・すーちゃんこと明日美(恒松祐里)は「内田に人気気象予報士から連絡があった」と不機嫌な様子で登場。そんな明日美に、内田は「僕はすーちゃん以外に興味ないよ」と答え、ツイッターでは「すーちゃん以外」がトレンド入りする事態に。「躊躇なくそんなことが言える内田くん最高」「めちゃくちゃイイ男だな」など盛り上がりを見せた。

「すーちゃん」こと明日美(恒松祐里)と「マモちゃん」こと内田(清水尋也)(C)NHK

また、莉子のセリフによって菅波の年齢が32歳であることが明かされ、「モネちゃんと8歳差か」「もっと離れているのかと」「長年の疑問が明かされた・・・」といった投稿が集まった。『おかえりモネ』放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本