菅波の本音と亮の来訪に「明日の放送待ちきれない」【モネ】

2021.8.25 18:15

突然あらわれた亮に驚く百音(清原果耶)(C)NHK

(写真4枚)

宮城県で生まれたヒロイン・百音が、気象予報士を目指し成長していく姿を描く連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。8月25日に放送された第73回では、菅波と百音が会う前日、幼なじみの亮が百音のもとに現れ、「明日の展開がこわい!」「待ちきれない」という声が続出している。

高校卒業後、登米市の森林組合で働いていた百音(清原果耶)は気象予報士の重要さに気づく。そこで、東京と登米を行き来する医師・菅波(坂口健太郎)に勉強を教えてもらいつつ、気象予報士試験に合格。晴れて上京した百音は「ウェザーエキスパーツ」で働き始める。

第73回は、百音の登米時代からの恩人・サヤカと菅波の会話が話題に。「余計なことを言って、あの人(百音)を傷付けてしまわないか心配」「大事にしたいと思ってます」と百音への思いを語るシーンでは「最近、先生が素直すぎる!」「モネがうらやましい・・・」などの投稿がSNSに寄せられた。

サヤカに相談する菅波(坂口健太郎)(C)NHK

さらに、放送の終盤では亮(永瀬廉)が百音の下宿先「汐見湯」に突然現れる。菅波と百音が会う約束をした前日だけに「ここ幼なじみが来たよ」「りょーちんも頑張れ」といった声であふれ、番組レコメンドのゴールデンボンバー・歌広場淳も「そして突然のレンレン!!!!! 格好いい!!! んだけど・・・なにかが不穏だ!!!!! でも格好いいんだ!!!! どうしよう!!!! 俺はどうすればいい!!!!??? えっ!?」と動揺。

ツイッターのトレンドには「菅波先生」「りょーちん」が浮上し、展開の読めない恋模様に注目している人が多いようだ。 26日の放送では、未知(蒔田彩珠)らを交え、百音や亮が楽しく夜を過ごす。『おかえりモネ』放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本