おかえりモネ第75回・亮に頼られる百音を見て、羨む未知

2021.8.26 08:15

百音(清原果耶)と思いを投げつける未知(蒔田彩珠)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第75回(8月27日放送)では、深夜に百音たちへある電話がかかってくる。

深夜、母・亜哉子(鈴木京香)から電話を受けたヒロイン・百音(清原果耶)と妹の未知(蒔田彩珠)。亜哉子によると、東京から帰ったはずの幼なじみの亮(永瀬廉)がまだ船へ戻ってないのだという。

亜哉子は先日永浦家で起きたある出来事を話し、それによって亮の父・新次(浅野忠信)が大暴れしてしまったのだと百音に打ち明ける。

話を聞き、慌てて亮に電話をかける百音たち。ようやく百音の電話に出た亮はある本音を百音にぶつける。そして、それを横で聞いていた未知は・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本