おかえりモネ第73回・百音と菅波の恋の気配、見守る周囲

2021.8.24 08:15

(左から)恋愛について語らう未知(蒔田彩珠)、百音(清原果耶)、明日美(恒松祐里)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第73回(8月25日放送)では、菅波と会う約束をした百音に明日美がアドバイスする。

週末に初めて日時を決めて菅波(坂口健太郎)と会うことになったヒロイン・百音(清原果耶)。百音から話を聞いた幼なじみの明日美(恒松祐里)は大はしゃぎで、百音にそこで気持ちを伝えるようにと勧める。

その頃登米では、菅波が医師としてのあり方に思い悩んでいた。菅波から相談を受けたサヤカ(夏木マリ)は、ある助言をする。

そして百音が菅波と会う約束の前夜、仕事を終えて帰路につく百音。すると百音の前に突然ある人物があらわれて・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本