おかえりモネ第70回・百音の心に芽生えた新たな決意とは

2021.8.19 08:15

耕治からの呼び出しに駆けつけた菅波(坂口健太郎)と百音(清原果耶)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第70回(8月20日放送)では、父と上司の影響を受けた百音がある決断をする。

ヒロイン・百音(清原果耶)は、気仙沼に帰る父・耕治(内野聖陽)から東京を発つ前に菅波(坂口健太郎)に挨拶がしたいとせかされる。父が何を言い出すのか気が気でない百音だったが、「汐見湯」に呼び出された菅波に対し、耕治はある行動をとる。

あくる日、百音は上司の朝岡(西島秀俊)と改めてどのように気象情報を届けていきたいか、目標や理想を語り合う。そして、朝岡や耕治の考えに触れた百音はある決断をする・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本