おかえりモネ第66回・朝岡の発表に、百音や気象班の反応は…

2021.8.14 08:15

朝岡を見つめる百音(清原果耶)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。「離れられないもの」と題する第14週(8月16日〜20日放送)では、百音の上司・朝岡からある発表がある。

ヒロイン・百音(清原果耶)が、選手のサポートを通じて「スポーツ気象」の分野に初めて携わった前週。第66回(8月16日放送)では、百音の上司・朝岡(西島秀俊)が以前より一層「スポーツ気象ビジネス」に力を入れており、いきいきと仕事をしていた。

そんなある日、東北のある町で大雨による土砂災害が発生。幸い人に被害はなかったものの、強く反応する朝岡に対し、百音たちは異変を感じ取る。

そして、とうとう朝岡がスポーツ気象に専念するために気象キャスターを辞めると発表。朝岡の後任には莉子(今田美桜)が指名されるが、もうひとつ意外な発表があり・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本