NHK上方漫才コンテストの開催が決定、ビスブラら初出場

2021.8.7 19:45

「第51回NHK上方漫才コンテスト」出場者 (C)NHK

(写真10枚)

上方演芸界において新人登竜門のひとつである『NHK上方漫才コンテスト』。コロナで延期になっていた第51回の開催が、NHK大阪放送局より8月6日に発表された。

例年2月から3月にかけてブロック抽選会や本選生放送がおこなわれる同コンテスト。今年1月に新型コロナウイルスの感染拡大、およびそれに伴う緊急事態宣言の発令を受け、予選を含めて実施が延期されていたが、8月30日に「NHK大阪ホール」(大阪市中央区)で決勝が開催されることとなった。

漫才、コント、漫談などジャンルを問わず、結成10年以下の芸人が対象となる同コンテスト。抽選の結果、Aブロックが爛々、ニッポンの社長、カベポスター、丸亀じゃんご、Bブロックはエンペラー、ビスケットブラザーズ、チェリー大作戦、からし蓮根で争われる。

本選初出場となる女性コンビ・爛々は、「お待たせしました!という気持ちです。女性の本選出場者としては、ゆりやんレトリィバァさん以来ですが、ただの若手の女の子の漫才ではないと思ってもらいたいです」と意気込み。初出場でラストイヤーとなるビスケットブラザーズは、「『さよならNHK』になるのか『おはようございますNHK』になるのか、見届けてください」とコメントしている。

司会は千原兄弟で、審査員は里見まさと(ザ・ぼんち)、トミーズ雅、ハイヒール リンゴ、内藤剛志、ヒャダイン、岡本玲、ユウキロック。放送日時は決まり次第発表される。なお、今後の新型コロナウイルスの感染状況によってはコンテストの中止や内容が変更する場合がある。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本