おかえりモネ第57回・感謝を伝えられ喜ぶ百音に、莉子は…

2021.8.2 08:15

台風の情報を見つめる百音(清原果耶)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第57回(8月3日放送)では、いよいよ宮城県に大型の台風が上陸する。

気仙沼の実家や、前職の森林組合でお世話になった登米の人々の身を案ずるヒロイン・百音(清原果耶)。一方で気仙沼や登米では、百音からの情報を参考にそれぞれが対策を進めていた。

やがて台風が去り、百音は家族たちから「おかげで助かった」と感謝を伝えられる。喜ぶ百音だったが、そんな百音に先輩の気象予報士・莉子(今田美桜)は・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本