おかえりモネ第54回・仕事で空回る百音、そこに現れたのは

2021.7.28 08:15

朝岡の言葉に気づかされる百音(清原果耶)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第54回(7月29日放送)では、百音が仕事で肩の力が入りすぎてしまう。

局地的な大雨の影響で完成したばかりのアンダーバスが冠水する事故が起こり、朝岡(西島秀俊)たちJテレビの気象班一同は改めて予報の難しさを痛感する。

事故を受け、水の怖さを視聴者に伝えなくてはと焦るヒロイン・百音(清原果耶)は翌日からの番組でも水の事故対策ばかりを伝えようとしてしまう。

空回る百音だったが、そこで朝岡からある言葉で諭される。落ち込む百音がコインランドリーで肩を落としていると、そこへある人物が現れて・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本