おかえりモネ第51回・百音、いよいよ気象の世界へ

2021.7.24 08:15

社長・安西(井上順)に激励される百音(清原果耶)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。「相手を知れば怖くない」と題する第11週(7月26日〜30日放送)では、いよいよ百音が気象情報会社で働き始める。

上京したヒロイン・百音(清原果耶)が、気象情報会社「ウェザーエキスパーツ」に正式採用された第51回(7月26日放送)。会社内での担当業務も決まり、いよいよ気象予報士として働き始めた百音は大いに意気込む。

一方、気仙沼では妹・未知(蒔田彩珠)も就職先の水産試験場で希望の部署へ配属が決まり、姉妹は電話でお互いを励ましあう。一方、百音は医師の菅波(坂口健太郎)に採用の報告をするもそっけない返事しかなく、なぜかモヤモヤして・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本