おかえりモネ第49回・百音、中継のお天気コーナーを手伝う

2021.7.21 08:15

パペットを両手に持ち待機する百音(清原果耶)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第49回(7月22日放送)では、百音が再び情報番組にピンチヒッターとして参加する。

朝の情報番組の気象コーナーで、ヒロイン・百音(清原果耶)は再びピンチヒッターとして手伝いに入ることに。

現場では、仙台の強風の情報を伝えたいキャスターの朝岡(西島秀俊)と、黄砂の情報を伝えるべきだという番組の責任者・高村(高岡早紀)の意見が対立していた。

現場で気象報道の奥深さを目の当たりにした百音は、どうにかして仙台の強風情報を伝えられないか社員たちと一緒に考える。そして百音たちはある方法を思いつき・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本