おかえりモネ第46回・百音、いよいよ新天地の東京へと到着

2021.7.17 08:15

初めての東京の街並みに圧倒される百音(清原果耶)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。「気象予報は誰のため?」と題する第10週(7月19日〜23日放送)では、ついに百音が新天地の東京に到着する。

努力の末に気象予報士の資格を取ったヒロイン・百音(清原果耶)が、晴れて宮城から上京する第46回(7月19日放送)。初めての東京に圧倒される百音だったが、下宿先の大家・井上菜津(マイコ)に温かく迎えられて、その人柄にほっとするのだった。

採用面接の前に下見をしようと朝岡(西島秀俊)のいる気象情報会社を訪れた百音は、登米で出会った気象予報士の野坂(森田望智)と内田(清水尋也)に再会する。再会を喜ぶ百音だったが、なぜか野坂たちは鬼気迫る様子で・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本