おかえりモネ第35回・気象予報士と山の仕事、百音が選ぶのは

2021.7.1 08:15

木を見つめる百音(清原果耶)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士を目指す姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)。第35回(7月2日放送)では、百音が気象予報士と森林の仕事のどちらを選択するか悩む。

登米の大山主・サヤカ(夏木マリ)が、先祖代々大切に守ってきた樹齢300年のヒバの木。その伐採計画がいよいよ本格的に動き始めるなかで、ヒロイン・百音(清原果耶)は東京の気象予報会社への興味と、サヤカの下で森林組合で働くこと、そのどちらを選ぶべきかで思い悩んでいた。

悩む百音は、東京と登米の診療所を行き来している医師・菅波(坂口健太郎)に東京について聞くが、菅波からは厳しい言葉が返ってくる。自分の甘さを痛感した百音は、気象予報士は諦めると言い出し・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが天気予報士を目指し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本