おかえりモネ第31回・百音、初めての気象予報士試験の結果は

2021.6.26 08:15

ある本を見せる百音(清原果耶)と菅波(坂口健太郎)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士を目指す姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。「サヤカさんの木」と題する第7週(6月28日〜7月2日放送)では、百音が気象予報士の勉強と仕事との両立に揺れうごく。

登米市の森林組合で働きながら、気象予報士の資格試験に合格すると決意したヒロイン・百音(清原果耶)。第31回(6月28日放送)では、百音が初めて挑んだ気象予報士試験の結果が明らかになる。

試験の結果を受け、百音はふたたび診療所の医師・菅波(坂口健太郎)に勉強を教えてもらう日々が始まる。しかし、森林組合の仕事が日々充実していくにつれて勉強の時間が思うように取れず、勉強と仕事との両立の難しさを痛感することとなる。

そんななか、登米の山主であり百音の面倒を見ているサヤカ(夏木マリ)が苗木を運ぶ作業中に骨折してしまう。百音はケガをしたサヤカの面倒をしばらく見ることになり・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが天気予報士を目指し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本