おかえりモネ第32回・百音が働く登米を、再び朝岡が訪れる

2021.6.28 08:15

百音(清原果耶)と、気象予報士の野坂碧(森田望智)、内田衛(清水尋也)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士を目指す姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第32回(6月29日放送)では、百音が働く森林組合へ久しぶりに朝岡が訪ねてくる。

ヒロイン・百音(清原果耶)は2回目の気象予報士試験を受けるが、その感触はあまり思わしくない様子。その反面で森林組合での仕事が充実していく百音は、勉強を教えてくれている医師・菅波(坂口健太郎)からも試験へのモチベーションを問われ、心情が揺らいでしまう。

そんなある日、百音が以前お世話になった気象キャスターの朝岡(西島秀俊)が久しぶりに登米を訪れる。民間の気象予報会社の社員でもある朝岡は、後輩の気象予報士・野坂(森田望智)と内田(清水尋也)のフィールドワークのために森林組合を訪ねたのだという。

フィールドワークに同行した百音は、気象情報を様々なことに役立てようとしている朝岡たちの姿を見て・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが天気予報士を目指し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本