おかえりモネ第19回・「盆船奉納」で祖母を偲ぶ百音

2021.6.9 08:15

盆船の準備をする百音(清原果耶)と未知(蒔田彩珠)(C)NHK

(写真5枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士を目指す姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)。第19回(6月10日放送)では、百音が家族や友人らと送り盆の行事をおこなう。

お盆の最後に先祖の霊を船に乗せて送り出す「盆船奉納」のため、家族と盆船の準備をすすめるヒロイン・百音(清原果耶)。奉納のために百音たちが浜へ向かうと、そこへ幼なじみの明日美(恒松祐里)と悠人(髙田彪我)もやってくる。

一方、実家の寺を継ぐことに悩んでいる百音の幼なじみ・三生(前田航基)。父・秀水(千葉哲也)と将来についてなかなか話せずにいたが、奉納で父の読経を聞き、もう一度自分の進む道を考え始める。そんな三生にある人物が声をかけて・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが天気予報士を目指し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本