おかえりモネ第10回・眠くなる圭輔に、百音がある行動を取る

2021.5.27 08:15

心配する百音(清原果耶)(C)NHK

(写真3枚)

宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士を目指す姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)。第10回(5月28日放送)では、身の危険が迫る圭輔に、百音がある行動を取る。

ヒロイン・百音(清原果耶)と小学生の圭輔(阿久津慶人)は雷雨のなか、なんとか山の避難小屋にたどり着き、ひと安心する。しかし、そこへ「よねま診療所」の医師・菅波(坂口健太郎)から百音へ思わぬ内容の連絡が入る。圭輔が低体温症になっている可能性がある、というのだった。

「圭輔が眠ってしまうと危険だ」と伝えられた百音だったが、疲れもあって圭輔はウトウトしてしまう。なんとか圭輔を起こそうと、百音が取った行動は・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが天気予報士を目指し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本