おちょやん最終回・千代を思う人々が見守るなか…

2021.5.13 08:15

新えびす座・舞台にて、芝居をする千代(杉咲花)(C)NHK

(写真5枚)

いよいよ最終回となる連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第115回(5月14日放送)では、これまで千代が出合ってきた面々が、道頓堀の舞台に駆けつける。

女優・竹井千代(杉咲花)が、再び道頓堀の舞台に立つ日を迎えた。客席には春子(毎田暖乃)や「岡福うどん」のシズ(篠原涼子)ら家族はもちろんのこと、かつて千代がともに働いた「岡安」のかめやお茶子たち。

さらには、脚本家の長澤(生瀬勝久)や当郎(塚地武雅)をはじめとしたラジオドラマの出演者・スタッフまで、千代の晴れ舞台に駆けつけたのだった。

舞台『お家はんと直どん』は始終笑いに包まれながら、千代と一平(成田凌)の2人の場面に突入し・・・。

本作は「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。15日には振りかえり放送あり。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本