おちょやん第112回・千代、心配する春子の行動に心が動く

2021.5.10 08:15

千代(杉咲花)のためにあることをする春子(毎田暖乃)(C)NHK

(写真3枚)

いよいよ最終週を迎えた連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第112回(5月11日放送)では、心配する春子の行動に、千代は心を動かされる。

一平(成田凌)が書き上げた新作『初代桂春団治』が大変な人気を呼び、東京公演も決まった。新聞やラジオのインタビューも増え、放送局で取材を受ける一平と本読みに来た千代(杉咲花)が鉢合わせしそうになり、周囲は肝を冷やす。

予期せず、一平の肉声を聞き、また熊田(西川忠志)との再会もあって、道頓堀に思いを馳せ、浮かない表情の千代。心配した春子(毎田暖乃)が、あるものを作ったことで、千代はその思いに心を動かされて・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からで、5月14日まで(15日には振りかえり放送あり)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本