おちょやん第100回・舞台上で元恋人役を演じる千代と一平

2021.4.22 08:15

稽古場にて、劇団員に話しをする千代(杉咲花)(C)NHK

(写真5枚)

上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第100回(4月23日放送)では、千代と一平が元恋人役を演じる。

帰らない一平(成田凌)の匂いが充満する部屋。寛治(前田旺志郎)を前に、千代(杉咲花)の感情は爆発する。一平が残した何もかもを床に叩きつけ、雑然とした部屋で清々しい朝を迎えるのだった。

稽古場で一平と並び、「鶴亀新喜劇」の仲間たちにお互いが決めた道を自ら話す千代。そしてついに封切りとなった記念興行の『お家はんと直どん』で、夫婦だった2人が舞台上で元恋人役を演じるという劇的な展開に・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からで、5月15日まで。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本