おちょやん第86回・道頓堀で壮絶な光景を目にする千代

2021.4.3 08:15

空襲を受けた道頓堀の様子に驚く千代(杉咲花)と一平(成田凌)(C)NHK

(写真5枚)

上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。「うちの原点だす」と題する第18週(4月5日〜9日放送)では、大空襲に見舞われた大阪の街で、千代は壮絶な光景を目にする。

第86回(4月5日放送)の舞台は、大阪の街が大空襲に見舞われた昭和20年3月13日深夜。公演のため京都に来ていたヒロイン・千代(杉咲花)と一平(成田凌)が急いで道頓堀に戻ると、目の前には壮絶な光景が広がっていた。

「福富楽器店」は焼け跡形もなくなり、かつての「岡安」の店前もひどいありさまだった。シズ(篠原涼子)を含め道頓堀の人々が無事かどうか、気がかりでならない千代。近所の人々は言葉少なげに遺体安置所を指さすのだった・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本